新潟で求人がよくでる業種とは?

新潟はここ数年、有効求人倍率が大きく上昇し、その反対に有効求職者数が減少の傾向にあります。これは満足できる職を得ている人が増えたと見ることもできます。その背景には国内需要を取り込むため、新潟に対して新規出店やサービスの拡充等を行っている業者の求人増加が目立ってきているということがあります。企業側が自らの理由によって雇用調整を行う、いわゆるリストラは減少し、自らの意思で退職を選択する人も減少傾向にあります。これは転職活動へ消極的になっていると見ることもできますが、この景気の回復の兆しを受け「もう少し様子を見る」といった気持ちの表れと取ることもできます。そうした中での有効倍率の上昇しているのですから、活性化していると受け止めてよいでしょう。
卸業や小売業、医療福祉業、旅行関連業、飲食サービス業などが特に増加傾向が継続しています。建設業の分野でも、人手不足の観点からと言ったことではなく、技能を継承することを念頭に入れた採用を積極的に行っています。実際に受注は増加している業界ではありますが、将来的なことを見据えた求人を行っているのです。製造業もまた受注が増えていることを受け、人員の拡充を行う動きが見えています。
現在新潟で特に人材が求められている業種は、サービス業、小売業、ヘルパーなどです。技能継承を見据えた雇用は新卒者をターゲットにしているケースが多く、製造部門はエンジニアなどの増員を望んでいます。